穏やかに死ぬということ・・









舞台はイギリスの老人ホームです。
ーある女性の死後、1通の手紙が見つかりましたー



看護婦さん、あなたはいったい何を見ているの?

あなたが私をみるとき、あなたは頭を働かせているのかしら。


気むずかしい年老いたおばあさん、それほど賢くなく、とりえがあるわけでもない。

老眼で、食べるものをぽたぽた落とし、あなたが大声で「もっときれいに食べなさい」と言っても、

そのようにできないし、あなたのすることにも気づかずに、

靴や靴下をなくしてしまうのは、いつものこと。

食事も入浴も私が好きか嫌いかは関係なく、あなたの意のままに、長い一日を過ごしている。

あなたはそんなふうに私のことを考えているのではないですか。

私をそんなふうに見ているのではないですか。

そうだとしたら、あなたは私を見てはいないのです。


もっとよく目を開いて、看護婦さん。





ここにだまってすわり、あなたのいいつけどおりに、

あなたの意のままに食べている私がだれか、教えてあげましょうか




10才のとき、両親や兄弟姉妹に愛情をいつぱいに注がれながら暮らしている少女です。

16才、愛する人とめぐりあえることを夢見ています。

20才になって花嫁となり、私の心は躍っています。結婚式での永遠の誓いも覚えています。

25才、安らぎと楽しい家庭を必要とする赤ちゃんが生まれました。

30才、子供たちは、日々成長していきますが、しっかりとした絆で結ばれています。

40才、子供たちは大きくなり、巣立っていきます。

しかし、夫がかたわらで見守っていてくれるので、悲しくはありません。

50才、小さな赤ん坊たちが、私のひざの上で遊んでいます。

夫と私は、子供たちと過ごした楽しかった日々を味わっています。








そして、夫の死・・・  希望のない日がつづきます・・・ 。

将来のことを考えると、恐ろしさでふるえおののきます。

私の子供たちは自分たちのことで'忙しく、私はたったひとりで、

過ぎ去った日々の楽しかった思い出や、愛に包まれていてときのことを思い起こしています。




今はもう年をとりました。
 

自然は残酷です・・・・


老いたものは役立たずと、あざ笑い、からかっているようです・・・

体は、ぼろぼろになり、栄光も気力もなく、以前のあたたかい心は、まるで石のようになってしまいました。



でもね、看護婦さん。

この老いたしかばねの奥にも、まだ小さな少女がすんでいるのです。

そして、このうちひしがれた私の心もときめくことがあるのです。

楽しかったこと、悲しかったことを思い起こし・・・   愛することのできる人生を生きているのです。




人生は本当に短い、本当に早く過ぎ去ります。



そして今、私は永遠に続くことのない、というありのままの真実を受け入れています。



ですから看護婦さん、もっとよく目を開いて、私のことをよく見てください。

気難しい年老いたおばあさんではなく、もっとよく心を寄せて・・・・・

この私の心を見てください・・・・










若林和美(1977)「穏やかに死ぬということ」
主婦の友社197〜203Pより







特定非営利活動法人 日本福祉ネットワーク    お問い合わせ    2006.4